Wednesday, June 24, 2015

Golden Week Adventures 2015 Day 4 (Part 2) Shichinohe Nanbu Junkan Railway Rail Bus / ゴルデンウィークアドベンチャー 2015年 四日目(パート2)七戸南部縦貫鉄道線レールバス

And here we are at Shichinohe station to take a ride on the Nanbu Junkan Railroad Rail Bus which only runs for a day or two during Golden Week.

七戸駅に到着。ここでゴルデンウィークの一日か二日運行する南部縦貫鉄道線レールバスに乗る。


Its an old station building as you can see.
 
ビルも渋いですね。
 
 
Inside the station you could find old machines on display that were used when this Rail Bus actually ran.
 
駅の中はちょっとした資料館みたいな感じだった。
 
 
 
 
 
Now, lets go check out the Rail Bus.
 
さて、レールバスを見に行こう。
 
 
It's so cute!
 
可愛い!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Look, I even got my own Rail Bus Membership card.
 
見て、記念にレールバスとあそぼう2015会員証を貰いました。
 
 
 
 
 
 
I think its about time that we actually take a ride on the Rail Bus now.
 
そろそろレールバスに乗車しましょうか。
 
 
 video
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Okay, so the ride lasts less than ten minutes.  But heck, its a bit of history.
 
ま、乗る時間が10分以下。でも鉄道の歴史だ!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
The Nanbu Junkan Railway used to provide regular service from Shichinohe to Noheji between 1953 and 1966.
 
南部縦貫鉄道線のレールバスは1953年から1966年で七戸と野辺地を結んでた。
 
 
 
After our short little ride, it was time for lunch. 
 
レールバスを乗ったあとはやっぱりランチタイム。
 
 
 
As we are in Aomori Prefecture, we must have one of the Prefecture's specialty - senbei jiru.
 
青森県にいるということで、青森県のB級グルメのせんべい汁を食べないっと。
 
 
But I could not help noticing the sign for the Shichinohe Suzume Burger.  Suzume is the Japanese word for Sparrow.  A sparrow burger?  It doesn't look like they used any sparrow though.  And of course I had to eat one.
 
でもやっぱり気になってのは七戸すずめバーガー。すずめバーガー?まさかすずめを使用してるわけじゃないが、面白いネーミングだ。もちろん一個食べました。
 
 
 
 
Don't ask me why it was called the Suzume Burger but it was a burger so I enjoyed it.
 
なぜすずめバーガーになったか僕に聞かないで、わかりませんよ。バーガーはバーガーなので、楽しんで食べました。
 
 
My in-laws gave me their Rail Bus membership cards as well.  Aren't they cool?
 
みんなのレールバ会員証も貰いました。 カッコいいね。
 
 
 
And then at the request of my wife, we headed to Noheji.  You won't believe the reason for her wanting to go but I am always up for an adventure.  But that story will be for the next post.
 
そして妻の要望で野辺地へ。本当に単純な理由で野辺地に行きました。冒険ですから誰も文句は言えない。それはまた次のネタへ。

No comments: